?
泣けるコピペはっていけよ 3ケタの壁





スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






おすすめサイト様



このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

泣けるコピペはっていけよ

このエントリーをはてなブックマークに追加


泣ける!美少女ゲーム語録

1:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:15:33.15 ID:BFHuN3Ow0


84 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/11 16:16

初めてのあかちゃんに無我夢中だった。
ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。
へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら
「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」と
悪態をついた日々。
赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。
「あのね、ママ」(もじもじ)
「なぁに」


「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。こっそり台所で泣いた。


2:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:16:00.11 ID:BFHuN3Ow0


105 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 02:10

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。


ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。
旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。


娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない


3:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:17:39.10 ID:BFHuN3Ow0


Evgeny Tabakovくんはモスクワ州のノギンスクで暮らしていた7歳の少年。12歳の姉・Yanaちゃんと自宅で留守番していたところ、
就職に失敗した33歳の男・Sergey Kiyashkoが強盗をするため部屋に侵入してきました。
Sergeyはナイフで2人を脅かし金目の物を出すように要求、YanaちゃんがSergeyに捕らえられたため、Evgenyくんはお金を探しに行くことになりました。

しかし、それからSergeyはYanaちゃんの服を脱がし始めてしまいました。それを目撃したEvgenyくんは台所に走っていってナイフをつかみ、
Sergeyの腰へと突き刺しました。それによりYanaちゃんは逃げ出すことができたのですが、
怒ったSergeyは自分の持っていたナイフでEvgenyくんに襲いかかり、背中を8回刺したそうです。その後、Sergeyは捕まり、
Evgenyくんは病院に運ばれましたが、Evgenyくんは命を落とすことになりました。

そして、Evgenyくんの行動に対して政府から「Order of Courage(勇気勲章)」が贈られることになったそうです。
検察官の調査委員長のAndrey Bastrykin氏は「毎日死と向かい合っている検察官の職員にも衝撃的な悲劇だった」と授賞式で話しています。
Evgenyくんの通っていた学校も、ロビーにEvgenyくんの話を記念に残すことを約束し、Evgenyくんの使っていた机は学校で一番の生徒にしか使わせないことを述べたそうです。

ロシアでレ○プされかかった自分の姉をかばい、命を落としてしまった少年に対して勲章が贈られたとのこと。
検察官の調査委員長による少年の勇気に対して勲章を贈るべきとの推薦があったそうです。

詳細は以下から。
RT: Russian News : Boy who died saving sister from rapist awarded


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:21:09.09 ID:V47iOQP90


そうか、あかんか、いっしょやで
のやつ


10:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:24:23.80 ID:BFHuN3Ow0


>>4
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」

片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言い、強く抱きしめた。
この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。



8:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:23:26.14 ID:BFHuN3Ow0


122 Mr.名無しさん sage 05/02/25 02:31:23
昔いた子猫を思い出した。
外で一匹だけにゃーにゃー泣いてる子猫がいたんだよ。
生まれたばかりの、尻をつついてやらないと自分でおしっこもできないくらいの白い子猫。
寒い冬だったから連れて帰って、動物の知識もないまま、温めたミルクとかあげて。
でも、最初連れて帰った日からその猫風邪気味でさ。
結局、数日後の朝に、冷たくなってた…。
あの時もっと猫の知識があればきっと助けられただろうにって、今でも無茶苦茶後悔してるよ。
その子猫が気に入ってたしろ猫のぬいぐるみに、首のところだけ茶色く、そいつの糞のなごりがあるんだが、10年以上たった今となってはそれだけがそいつの名残りだ……。

ところで、その後に猫を飼いだして、今年16才になる二匹の猫がいる。
そのうちの白い方。しろ猫。
なぜか、首のところだけ気が茶色く染まってるんだよな……。
生まれ変わりとかって、あるのかな。


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:24:09.71 ID:Uc5awscr0


一応支援するけど、お前は何なの?
この時間にこんなコピペ見ると思わず泣きそうになるんだよ


12:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:26:37.03 ID:BFHuN3Ow0


>>9
それが狙いだ
この時間はなぜか涙腺ゆるむよね


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 11:17:18
22歳の俺が昨日嫁にいきなり言ってみた
俺「愛してるよ、これからもずっと・・」
嫁はニコニコしてるだけだった。
1歳の子供は呆けた顔していた。

もしこの世にいるなら
「うちも愛してる」って言ってくれただろうな


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:25:14.27 ID:rUCGQwm30


ファミコン買うために新聞配達して、その金で母ちゃんにハンドクリーム買うやつ


15:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:29:53.22 ID:BFHuN3Ow0


>>11
29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/30(水) 22:29:41.48 ID:zEqgzceA0

俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。
どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。
去年俺は結婚したんだけど、
結婚式前日に母に大事そうに錆びた ハンドクリームの缶を見せられた。
泣いたね、、。
初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:28:19.36 ID:Uc5awscr0


93 大人になった名無しさん 2006/11/10(金) 00:22:56
死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな
うまいんだけど、親父は食うのが早くて、
食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。
「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

こないだ初めて子供とラーメン屋に言ったら、やけにおいしかったらしく
ガツガツ食うわ、あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんでスープ飲んでハァハァいってる
可愛かった
そしたら「ねぇなんでじっと見てるん?怒ってる?」


オヤジ・・・


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:41:30.41 ID:Kj5Dmnzq0


>>13
久しぶりに見たけどなんか胸が熱くなるな


19:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:35:59.85 ID:BFHuN3Ow0


320 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/12/07(月) 21:08:04 ID:JKnm4DJt
月並み?だが、自分が養子だった事。
高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。
その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。

最初は鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてた父が、みるみる目と口を開いていき。
「忘れてた!!」
今度は私が豆鉄砲を食らいました。

結婚当時、子宝に恵まれず、まだ赤ん坊だった私を施設から引き取った事。
年頃になったら説明しなきゃいけないなあ…と思いつつ、3人で生活している内に
養子という意識も薄れ、私が中学生になった頃にはすっかり頭から抜け落ちていた事。

「いや、小学校卒業した時に説明するかどうか悩んだ記憶があるから、それまでは覚えてたんだよ」
などとしどろもどろで言い訳する両親を見てると、ああ、二人は間違いなく私の両親なんだなあと
思えて、なんだか泣き笑いになってしまった。

あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない。
今日が両親の結婚記念日だったので、ふと思い出した。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:37:32.38 ID:R0S6mcco0


二次元に恋し、喪のまま結婚する事無く八十数才になった俺
近所からは危ない老人、キチ○イ老人と若い頃と同じく迫害され続ける俺
訪れる人といえば市の職員が死んでねーか?と来るくらい

ある日風邪をこじらせた俺の家の玄関をダンダン!と叩く馬鹿がいる
ブチ切れた俺は「誰だ!フォルァァ!」と扉を激しく開ける

そこには50年以上前に心の底から愛し恋い焦がれたあのキャラの姿があった
彼女は何ら変わらぬ優しい笑顔で俺に手を差し伸べ
「お待たせ!さぁ一緒に行こっ」
震えた、涙が止まらなかった

それから数日後、俺の家を訪ねた市の職員は玄関先で倒れた俺を発見する
すでにこと切れていた
警察や役所は風邪をこじらせた独居老人の孤独死と結論を出す
しかし色んな孤独死を見てきた市の職員は不思議に思っていた
これ程の満面の笑みで亡くなった老人を彼は知らない
最後の最後でこの孤独な老人にいったいどんな奇跡が起きたのだろうか


27:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:42:12.42 ID:BFHuN3Ow0


493 :おさかなくわえた名無しさん :04/12/12 18:30:29 ID:SAtrbW1A

もう10年も前の話
妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩まされていた。
実際私も、妻の面影を追う毎日であった。寂しさが家中を包み込んでいるようだった。
そんな時、私は仕事の都合で家を空けることになり、実家の母にしばらくきてもらうことになった。
出張中、何度も自宅へ電話をかけ、子供たちの声を聞いた。
2人を安心させるつもりだったが、心安らぐのは私のほうだった気がする。

そんな矢先、息子の通っている幼稚園の運動会があった。
“ママとおどろう”だったか、そんなタイトルのプログラムがあり、
園児と母親が手をつなぎ、輪になってお遊戯をするような内容だった。
こんなときにそんなプログラムを組むなんて・・・

「まぁ、行くよ♪」 娘だった。
息子も笑顔で娘の手をとり、二人は楽しそうに走っていった。
一瞬、私は訳が分からずに呆然としていた。
隣に座っていた母がこう言った。


28:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:42:33.39 ID:BFHuN3Ow0


>>27続き

あなたがこの間、九州へ行っていた時に、
正樹はいつものように泣いて、お姉ちゃんを困らせていたのね。
そうしたら、お姉ちゃんは正樹に、
「ママはもういなくなっちゃったけど、お姉ちゃんがいるでしょ?」
「本当はパパだってとってもさみしいの、」
「だけどパパは泣いたりしないでしょ?」
「それはね、パパが男の子だからなんだよ。まぁも男の子だよね。」
「だから、だいじょうぶだよね?」
「お姉ちゃんが、パパとまぁのママになるから。」
そう言っていたのよ。

何ということだ。娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている。
場所もわきまえず、流れてくる涙を止めることが出来なかった。

10年たった今、無性にあの頃のことを思い出し、また涙が出てくる。
来年から上京する娘、おとうさんは君に何かしてあげられたかい?

君に今、どうしても伝えたいことがある。
支えてくれてありがとう。君は最高のママだったよ。
私にとっても、正樹にとっても。
ありがとう。


32:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:50:16.93 ID:BFHuN3Ow0


餓死した2人の幼児   ~大阪市の刑事に聞く


無力。
この事件以来、深酒が続く。

知り合いの刑事が近くの管轄だったので、本事件を担当する刑事に尋ねてもらった。
記事にもしたくないくらい凄惨な現場だった…。

2人の幼児は部屋(ワンルーム)いっぱいに積まれたゴミで身動きが取れなかったそうだ。ゴミための残飯(母親が残したカップ麺など)を綺麗になめていて、それで3歳の長女は食中毒を起こし先に死んだらしい。
死亡推定時刻は10時間以上、1歳の男の子より早かった…。

120ℓほどの冷蔵庫は何も残って無かった。長女は辛子やマヨネーズ、そうめんのダシ、果ては製氷の結晶もなめていたそうだ。1歳の弟にも分け与えていた。彼女が4歳だったら死なずに済んだのだろうか。

二人は排泄物にまみれていた。
最低でも4日分の糞や尿が体に付着していた。1歳の子は糞を食った形跡があった。


殺人容疑に切り替わるらしいが、いずれにしても軽い刑罰を母親は受ける。
重刑にして欲しいとか、そんなことは願って無い。そんなことしたって2人は帰って来ない。


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:50:40.32 ID:sYQO9mcBO


怖い話のコピペだけど「育美ちゃん」の話を初めて見た時は悲しすぎて涙出た。感動しない泣けるコピペが一番痛い。


38:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:53:22.07 ID:BFHuN3Ow0


>>34
育美ちゃんは小学校に上がる前にお父さんを亡くしてしまい
お母さんはその後再婚もせずに働きまくって育美ちゃんを高校は
もちろん、大学にまで入れてくれました。
でも、無理がたたって倒れてしまいました。
それでも身体が良くなるとまた働きはじめて、そしてまた倒れて・・・。
そんなことを繰り返しているうちについに起き上がれない身体になってしまいました。
そして自分がもう長くないと悟ったお母さんはお守りを1つ育美ちゃんに手渡し、

「ごめんね育美。ひとりでも頑張るんだよ。
でも、どうしても辛かったり耐えられなくなったらこのお守りを開けなさい」と言いました。

しばらくしてお母さんは亡くなってしまいました。
育美ちゃんはお母さんに貰ったお守りをお風呂に入るとき以外は肌身離さず持ち歩いていました。

あるとき友達(Nちゃん達)とプールに行ったとき更衣室で育美ちゃんのお守りの話になり、
中を見てみようということになったそうです。最初は断った育美ちゃんも
お母さんが亡くなってからだいぶ経っていたこともあり
まあいいかと思ってお守りの中をのぞいてみました。
するとそこには1枚の紙が折り畳んで入っていました。
なんだこれだけ?と拍子抜けした育美ちゃんが
その紙を取りだして開いてみると。そこには・・・

震えた文字で「育美、死ね」と書かれていました。


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:55:49.63 ID:sYQO9mcBO


>>38
やめろw本気で涙出る


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:23:11.55 ID:iONo3bop0


>>38
鳥肌がたった・・・・


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:55:38.63 ID:dksOpD8JP


>>38
これって単純に育てるのに苦労したから恨んでるのと、
手紙を開くくらい追い込まれてるならもう楽になれと、どっちの解釈する人が多いんだろ


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:57:27.18 ID:XOPnP3bG0


>>150
以前は前者だったけど今は後者で解釈してる


36:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:52:13.78 ID:BFHuN3Ow0


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/31(木) 00:12:09.85 ID:3xNmDc9j0
俺は何でもしてやるつもりだった。

中学に入って生意気になってきたら本気で叱り付けてやるつもりだった。
学校でいじめられたりしたら、いじめた奴をコテンパンにのしてやるつもりだった。
援交とか始めたりしたら、真剣に道徳に付いて教えるつもりだった。
「おにいちゃん」から「兄貴」に変わる年頃になったら、からかってやるつもりだった。
そして彼氏が出来たら、兄貴風吹かして彼氏に「お前には妹は相応しくない」といってやるつもりだった。
妹の部屋にのこのこ現れて、バカやって二人の間に入りふざける。
「おにいちゃん!邪魔しないでよ!」なんて言われたら彼氏そっちのけで喧嘩をして、
オヤジが止めに入って、二人してどやされる。

そんな光景を夢に見てた。

葬式では、母親よりも俺の方が激しく泣いた。
友人達が心配する位狼狽して、一人で立っていられない程に泣いた。
ほんの二週間前の自分にあって、殴ってでも警告してやりたかった。
もっと優しくしてやればよかった。
どんな想いで俺宛に手紙を書いて、どんな気持ちで手紙を渡したんだろう。
見た事もない男を「お兄ちゃん」と呼ぶ時、きっと物凄く緊張しただろうに。


俺は妹の代わりに母親を大事にしている。
この人こそが俺の母親だと思ってる。
「わたしのお母さんを大事にしてね?お兄ちゃん!」
「そんな事言うまでもないだろ?」
妹とのそんなやりとりを、今でも空想しながら母親に接してる。
生きていたら、俺の妹は今年の春、高校を卒業した筈だ。

たった一回しか会わなかったが俺には妹がいた。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:59:02.19 ID:Uc5awscr0


450 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2008/10/15(水) 11:34:01
「このぽっけすごいねんで!!(`・ω・´)三3ムフー!!」

そう言って幼稚園の制服のポケットをパンパン叩いてた友達Aの息子
ポケットにはハンカチ、ティッシュ、お菓子、小指の先サイズのドラえもん、母親とのプリクラ、
それにムシキングカードなどなど…
その子にとっての宝物が詰まってた
「ぽっけ叩いたら欲しいもん何でも出てくんねん(`・ω・´)三3フンフン!!」
ソレ聞いて少しイジワル言ってみた
「じゃあミニカー出してみて」
前から欲しがっていて 持っていない事は知っていた
その子はムキになって
「あるもん!!フン!フン!」とポケットをパンパン叩いて宝物を散らかしていった私はその子の隙を見て
あらかじめ買っておいたミニカーを そっとポケットに忍ばせた

「フン!…あっ!! …フフ~ン♪」

得意気に出てきたミニカーを私に見せびらかしてたが、物陰で
(´・ω・`)??
みたいな顔してた
かなり萌えた


49:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:59:56.58 ID:BFHuN3Ow0


>>45かわいいな

定番

大学のとき、高校の同級生の女の子がALSを発症した。
そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて
軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ひまつぶしで見舞いに行っていた。
ある日彼女が、病室で言った。
「あたし処○のまま死ぬのってイヤだなあ、ねえ今度夜這いにこない?」
その晩実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが
髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。
行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開くこともできなかった。
彼女はわざとらしい○ぎ声をあげて、なんとか無事終ることができた。
そのあと俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。
翌日俺の実家に彼女の母親から、「息子さんの優しいお見舞いに感謝します。」と
電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。
彼女はもう、起き上がることすらできない。トイレだって行けないから
たぶんおむつの世話になっているはずだ。
では誰が?
彼女の髪をとかし整えてやったのか
彼女に薄化粧を施してやったのか
彼女のおむつを脱がし、流行りの下着をはかせてやったのか
それがわかったとき、嗚咽とはいかないが不覚にも涙が出てきた。

あれから8年、彼女はもはや目も動かせない状態で今も闘病を続けているという。


46:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 03:59:07.25 ID:BFHuN3Ow0


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/31(木) 00:16:17.72 ID:3xNmDc9j0

5歳の長男が自閉症です。満足に言葉もしゃべれない・・・。
  俺はこの子は諦めていた。
  口で言っても解らないんだよ。
  躾以前の問題だ。療育センター、TEACHいろいろやったけどあまり変化がなくて・・・。
  なんか育てるのが辛くなってきて。
  叩いて躾けるしかないって。愛情もあるのかないのか・・。
  反動か、2歳になる愛想のいい次男を可愛がってばかりいた。
  話し掛けるとニコニコ可愛い。
  いっつも俺の後についてきて・・・。散歩もこの子とばかり・・・。

  ちょっと前のこと・・・。長男を風呂にいれた日のこと。
  いつもの様に長男は石鹸で遊んでた。
  体を洗おうとしてもまるで反応なし。
  口笛(?)を吹きながらシャカシャカ石鹸を泡立ててる。
  俺は内心うんざりしながら子供の体を洗ってやった。
  洗いおわって、子供を湯船にいれた。

  一息ついて自分の髪を洗っていると・・・。
  子供が背中をさすっているんだよ!
  手を石鹸で泡立たせて。手だけで。
  初めてだよ。
  なんで?自分の体も洗えないのになんで?
  驚いたけど・・・。なんでか涙がでたよ。
  この子にしか見られてなかったけど、シャワーで涙をかくしたよ・・・。
  その日、次男のほうは妻に風呂・ノいれてもらった。
  なんで俺の背中を流してくれたんだろう?ほんの気まぐれなのか?解らないけど・・・。
  ほんのちょっぴり、この子の親になって良かった。


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:59:17.45 ID:Uc5awscr0


ある日Aが死んだ脳溢血だった 職場で突然倒れそのまま逝ってしまった
友達はいわゆるシングルマザーで家族は60を過ぎた御両親だけ
私達も悲しみにくれる間も殆ど無く、葬儀の準備の手伝い、関係者への連絡などで忙殺されていた
その間、彼はずっとジュウレンジャーの絵本を何度も何度も読んでいた

通夜が始まりしばらく経った頃、彼が居ない事に気付いた
私と手の空いた者が付近を探した

しばらく探していると友達Bから着信
小さな公園で見つけたとの事
急いで駆けつけるとBは公園の入口で、どういうワケかうずくまって泣いていた
フッ…と公園の中を見ると彼が居た暗い街灯の下、
「…お母さん、お母さん…お母さん…」
と泣きながら必死にポケットを叩いてた
周りには宝物が散らばっていた

恥ずかしながら20代女、その子慰める前に しばらくの間 泣き崩れてしまいました
声を殺して抱きしめる事しか出来なかった
いつの間にか集まってたみんなも泣いていた
あの日は全てが悲しくて仕方がなかった


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 03:59:25.54 ID:Uc5awscr0


あれから二年
もうポケットは叩く事は無くなった
代わりに

「ぐらふぃっくあーてぃすとになんねん(`・ω・´)三3ムフー!!」

が口癖になった
最近、ずっと絵を描いてるのはソレだったのか
どうやらBが 「お母さんの夢やったんよ」 と教えたらしいその話を聞いた瞬間、また泣いてしまった
子供の言葉で、何だかこっちの方が救われた気がしたんです

少し画家と混同しているみたいだけど、頑張れ
君には5人のお母さんがついてるぞ
その日までちゃんとAの分まで全力で見守ってるからね


51:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 04:01:53.27 ID:BFHuN3Ow0


51:おさかなくわえた名無しさん :2006/05/26(金) 20:58:52 ID:KQFLOVR2

小1の秋に母親が男作って家を出ていき、俺は親父の飯で育てられた。
当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらず、また母親が突然いなくなった
寂しさもあいまって俺は飯のたびに癇癪おこして大泣きしたりわめいたり、
ひどい時には焦げた卵焼きを親父に向けて投げつけたりなんてこともあった。
翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り。
俺は嫌でたまらず、一口も食べずに友達にちょっとずつわけてもらったおかずと
持っていったお菓子のみで腹を満たした。弁当の中身は道に捨ててしまった。
家に帰って空の弁当箱を親父に渡すと、親父は俺が全部食べたんだと思い
涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で、「全部食ったか、えらいな!ありがとうなあ!」
と本当に嬉しそうな声と顔で言った。俺は本当のことなんてもちろん言えなかった。
でもその後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていたことを親父に言ったわけ。
親父は相当なショックを受けてて、でも先生が帰った後も俺に対して怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた。
さすがに罪悪感を覚えた俺は気まずさもあってその夜、早々に布団にもぐりこんだ。
でもなかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父のところに戻ろうとした。
流しのところの電気がついてたので皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら、
親父が読みすぎたせいかボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた。
で、俺はその時ようやく、自分がとんでもないことをしたんだってことを自覚した。
でも初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい、謝ろうにもなかなか踏み出せない。
結局俺はまた布団に戻って、そんで心の中で親父に何回も謝りながら泣いた。
翌朝、弁当のことや今までのことを謝った俺の頭を親父はまたぐりぐりと撫でてくれて、
俺はそれ以来親父の作った飯を残すことは無くなった。
親父は去年死んだ。病院で息を引き取る間際、悲しいのと寂しいのとで頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら
「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」とか何とか言った俺に対し、
親父はもう声も出せない状態だったものの微かに笑いつつ頷いてくれた。
弁当のこととか色々、思い出すたび切なくて申し訳なくて泣きたくなる。


52:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 04:02:17.44 ID:BFHuN3Ow0


小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:10:14.26 ID:fTyyCSno0


111 名前:水先案名無い人 sage 投稿日:2006/08/12(土) 08:45:23 ID:+fn9uvqJ0
ばあちゃん……
俺がうまいって言ったら、ずーっとそればっか作ってくれたな……
子供の俺には嬉しかったよ、ばあちゃん

死に目に会えなくてゴメンネ、子供だった俺は深夜1時過ぎまで起きてられなかったんだ
それに「倒れた」って聞いても、すぐに起きるもんだと思ってんだよ
最後に俺の名前呼んでくれたそうだね、その時のばあちゃんの気持ち考えると切なくなる

ばあちゃんが亡くなってから10数年、二十歳を過ぎた頃になって
父さんからばあちゃんの話を聞いた時ショックだった
ばあちゃんはじいちゃんの後妻で、父さんとは血が繋がってない
つまり俺とばあちゃんは、言ってしまえば赤の他人

それを聞いたとき「最後に俺の名前を呼んでくれたこと」を思い出し
ばあちゃんが死んだ時より泣いた

血の繋がりとか戸籍上とか関係無く、ばあちゃんは俺のばあちゃんだった


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:21:21.36 ID:LX0TsV0cO


小さい頃、うちには慣れてたインコがいたんだけど、父が新しいインコ貰ってきた。
そいつは人間で言う障害者、まともに歩けないし、餌もうまく食えなかった。泣き方もおかしかった。
もともといるインコにいじめられないか心配で、かごも別にしてたんだけど、
ある日弱いほうのインコをかごから出して遊んでたら、もう一匹も出てきた。
まっすぐに弱いインコのとこに飛んでって、毛づくろいしてやってた・・・
それからかごも一緒にしたら、本当の(人間のような)親子状態。
くちからくちに餌をあげてたり、多分転ばないようになんだろうけど弱いほうの尻尾をくわえて歩かせてたり・・・

結局半年くらいで弱いほうが死んじゃったんだけど、その時もう一匹はずーと死んだやつの毛づくろいしてた。
死後硬直で硬くなってんのに、それでもずーっとやってた。

長文ゴメン。でも、いまだにたまにそれを思い出す。


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:25:08.69 ID:LX0TsV0cO


678 :名無しって呼んでいいか?:2009/09/15(火) 01:21:36 ID:???

母親は最大被災地の一つ、四川省綿陽市北川(ほくせん)県で、地震発生翌日の13日、
四つんばいになった格好で遺体で発見された。遺体は倒壊した建物に圧迫されており、救援隊は立ち去りかけたが、
何となく気になり、ふと遺体の下のすき間に手を差し入れたところ、温かいものに手がふれた。

「赤ちゃんが生きている!」

救援隊員が叫び、救出作業が再開。生後3~4カ月とみられる無傷の男の赤ちゃんが毛布にくるまれて発見された。
救援隊員が母親の体を調べると手に握られた携帯電話の画面に、1行のショートメールが残っていた。

「赤ちゃん、もし生き伸びてくれているのなら、私があなたを愛していたことを絶対忘れないで…」

子を思う母親の愛の深さに、救援隊員も思わず涙を落としたという。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:25:09.22 ID:1ADQhLHkO


俺の涙腺を元に戻しやがれw
罰として
『結婚式でのヤマトの話』
『阪神大震災の時の、グラサン割れてボロボロだけどカッコイイヤクザの話』
を、うpしろ。下さいm(__)m


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:44:51.96 ID:LX0TsV0cO


>>71 下のはこれかな

阪神大震災後のはなし

当時オレはあるファミレスの店員をしていて、
震災後、ボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供する事になった
開店と同時に満席になって席待ちの列、繁忙期以上の忙しさだった
お客さんの中には着の身着のままで来る人がいて、
他のお客さんが「自分は家が残っているし、帰れば着る物がある」と言って
上着を差し出す光景を時折目にして、目頭が熱くなったのを覚えている
昼を過ぎた頃、待ち列の中にやたら身奇麗でアクセをジャラジャラ付けた若い男女二組がいた
彼等は使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いでいた
さらに彼等は皆が我慢して並んでいる中、「はやく席に案内してよ」と文句を言うばかりか、 「席に着いたら、即ビール4つね」「わたしパフェたべたーいw」とワガママ放題
見るに見かねてケンカ覚悟で退店願おうとしたその時、
一人の御老人が「あんたら、観光に来たのなら、頼むから帰ってくれないか!」
と涙ながらに訴えた
すると彼等は「カンケーないよw」「ナニか言ってるーw」とケラケラ笑って茶化すだけ


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:52:49.89 ID:1ADQhLHkO


>>94
そうだす、それだす!
ありがとうm(__)m
お礼と思ったが、もしもしだからコピペ持ってないんだ、すまないm(__)m


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:26:58.90 ID:h4SsIvV4O


あまのじゃくのコピペくださいな
僕が泣いてるから君は笑ってるって感じでしめるやつ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:32:35.93 ID:LX0TsV0cO


>>72 これ?


関係をせまると、あなたは紳士じゃないといわれる
関係をせまらないと、あなたは男じゃないといわれる
たびたび部屋を訪れると、もっと1人の時間がほしいといわれる
あまり部屋を訪れないと、二股かけているのかといわれる
はやりのカッコいい服を着ると、あなたって流行にふりまわされて軽薄といわれる
はやりのカッコいい服を着ないと、あなたってダサダサで恥ずかしいといわれる
話を聞きながら発言すると、黙って聞いてよといわれる
話を黙って聞いていると、なにか言ってよといわれる
待ち合わせに30分遅れていくと、30分も待たせるなんてひどいといわれる
自分が30分遅れると、30分ぐらいなによといわれる
やきもちをやくと、しばられるのはいやという
やきもちをやかないと、もう愛はないのかという
そうだねと賛成すると、自分の考えがない人ねといわれる
そうじゃないと反対すると、理解がない人ねといわれる
愛してるよと言うと 口の軽い人ねと言われる
大好きだよと言うと それだけしか言えないのと言われる
墓に供え物をすると 君は無視する
僕は泣いているのに 君は安らかに笑っている


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:35:26.23 ID:h4SsIvV4O


>>77
ありがとうございます
これ探してたんだ


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:28:39.18 ID:Uc5awscr0


違うヤクザの話しなら……


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/11/01(土) 01:26:02.33 ID:4nNA76GU0
3年前の話。
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど
子供が2人置いてかれてた。
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って
聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:42:52.42 ID:04J/Y7TY0


やあマーティー (´・ω・`)

私の計算通りなら 君はデ口リアンが落雷を受けた直後にこれを受け取るはずだ
心配してると思うがこのテキーラはサービスだからまず飲んで落ち着いて欲しい
落雷の放電により デ口リアンのタイムサーキットに過度の負担がかかり
乱れたコンデンサーの働きで 私は1885年に飛ばされたのだ この過度の負担により
タイムサーキットと飛行サーキットも破壊され 二度とこのマシンで飛ぶことは出来ないだろう

私は今 バーボンハウスを開業している 言葉では言い表せない「ときめき」みたいな
そういう気持ちを忘れないで欲しい そう思って始めた仕事だが残念ながら顰蹙をかったようだ
仏の顔もって言うしね 謝って許してもらおうとも思っていない
デ口リアンはブートヒルの古い墓地に隣接するデルラルト鉱山の廃坑に埋めた(同封の地図参照の事)
君が1955年に掘り起こすまで 人目に触れず現状のまま保存されることを期待している
車の中に修理方法の指示書を入れておいた
1955年の私の分身ならば修理は簡単……うん「また」なんだ 済まない

最後に重ねて言うが決して私を迎えに来ないでくれ 澄んだ空気と広々とした土地が小生大いに気にいっている
思うに不必要なタイムトラベルは宇宙時間の繋がりが断絶する危険を招くだけだ
ただ気になるのはアインシュタインの事 どうか良く面倒を見てやってくれ
散歩は週2回 缶詰のドッグフードが好物だ
私の遺言と思ってすべてこの手紙の通りにして欲しい

ではマーティー とうとう君に別れを言う時が来たようだ
君は常に誠実でやさしい友達で私の人生を大きく変えた 君との友情は小生の宝だ
数々の楽しい思い出をいつまでも大切にこの胸にしまっておこう
そう思ってこのスレを立てたんだ


   真実の友 ドクター・エメット・ブラウン 1855年9月1日


99:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 04:51:37.04 ID:BFHuN3Ow0


360 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/03/12(水) 10:30:53
土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。
まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
子供はあえてつくらなかった。
収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
子供は娘1人いればいいって事になった。

突然嫁が交通事故で逝った。
娘17の時。
突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。
これからどうしようと思った。
生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。
何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。
そらそーか。
血の繋がらない29の男と17の女。
ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。
「あなたはまだ若いんだから」とか、
「再婚するにも子供がいちゃ・・・しかも自分の子供じゃないのに・・・」
とか、散々言われた。
でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。
何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。
俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。
そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。
娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」と笑ってた。
当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:44:47.68 ID:OxMh8A9K0


>>99
うちも血のつながってない父子家庭だけどしっかり育ててくれたから
かなり胸にくるものがある・・・


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 04:52:38.32 ID:LX0TsV0cO


今日、息子が俺を「とおしゃん」と呼んだ。
成長が遅れ気味かもしれないと言われていて、言葉も遅かったから、不覚にも息が出来なくなるくらい泣いた。
嫁か息子か選べと言われた時、最後まで諦めずに運に賭けてみようと言った時、実は内心楽観的だった。
医学は発達してるし。嫁の病気での致死率は何千人に一人だし。育たないかもと言われた息子は臨月まで何の問題もなく育った。
それでも息子の誕生日は嫁の命日になった。
嫁を選んでいればと考えない日はなかった。正直に言うと今でも時々考える。
でも、こう言う日は息子を選んだこともまた幸せなんだと、心の底から思う。
さあ、今度は、「母さん」って言葉を教えてやろう。
携帯から長文でごめんな。
酒入ってるし、浮かれすぎか。


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:08:48.03 ID:LX0TsV0cO


ペットネタだけど、あいつは、俺にとってペットではなく、妹だった。
昔、一匹の猫を拾った。
雨の中で、小さな段ボールの中に、牛乳とパンが置いてあった。
寒さで凍えそうになっていた、あいつを抱きかかえて、あの日から21年。
8月の最期の日、出会いの日と同じ雨の日に、愛猫は旅立っていった。
その後の事は、自分でもよく覚えていない。
何も感じない時間と、胸が押しつぶされるような悲しみと寂しさが交互にやってきた。
そして、迎えた月曜日。
どうしても、立ち上がる事が出来ず、俺は会社を休んでベッドで横になっていた。
どうしても、家にいなければいけないと感じた。
いつの間にか眠ってしまっていたんだと思う。
俺は、夢の中で、繁華街の裏路地のような所に立っていた。
月明かりが綺麗で、音は何も聞こえない。
その路地に、旅立ったはずの愛猫の姿があった。
歩み寄って、逃げてしまわないか心配しながら、あいつの名前を呼ぶと、あいつは、俺の足をよじのぼり、抱きしめるようにお腹をペタリとくっつけて来た。
そこから流れ込んでくる「ありがとう」と「幸せだったよ」の言葉。
しばらく、そうしていた愛猫は、やがて細い路地へ歩いて行った。
俺が、彼女の名前を叫ぶように呼ぶと、まるで名残惜しそうに、こっちを一回だけ振り向いて、その細い路地の奥へ消えていった。
心霊じゃないかもしれない。
だけど、きっと、愛猫がお別れを言いに来てくれたんだと思う。


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:09:50.49 ID:LX0TsV0cO


俺はこれからを、どうしたらいいのか分からないけど、天国へ行けるように、とにかく何かを頑張って、いつか虹の橋で、彼女を抱きしめてあげたい。
あの夢を見てから、今まで信じていなかった魂とか、そういうものを何となく信じるようになった。
今までやった事もない、仏壇へのお祈りは、毎日欠かしません。
ありがとう。俺の妹。
君は、命を終えてからも沢山の事を教えてくれる。
俺は今、とても幸せです。


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:44:37.96 ID:dksOpD8JP


朝方にこんなスレ見たらバカみたいに泣けるな
阪神淡路大震災のは少女が自衛隊に敬礼されるのがもうね


144:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 05:45:34.51 ID:BFHuN3Ow0


>>142
2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」

団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

少女「で、何しにきたんや?」

団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

団体「・・・・?」

少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」


最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 05:59:56.16 ID:qD9gUH9L0


おれが小学生の時、事故で両親が死んだ。

その後親戚中をタライ回しにされた。
おれが「高校入学を機に1人暮らしを始めたいです」と言うと、親戚のヤツは「好きにしろ。」
と二つ返事で文字通りおれを放り出した。
金も貰った。300万。おれの家を売ったし貯金とかもっとあるはずだが、おれはなにも言わずにそこを飛び出した。
なによりその場所が耐えられなかった。

そして1人で暮らし始めた。そして高校2年の時に知り合った友達の家に初めて遊びに行った時。
時間が遅くなって晩ご飯をごちそうになることになった。
友達の家は、親父さん、お母さん、友達、弟の4人家族だった。
おれを入れて5人の食卓には、ごはん、味噌汁、にくじゃが、あとよく判らない煮魚みたいなものが並んだ。
おれは「うまい!うまい!」と連発して食べた。
友達「そうか~?こんなん普通だよ?」
おれ「なに言っとるんだ、こんなん毎日食べれるなんて羨ましいて!」
おれ「炊きたてゴハンなんてすっげーゼイタクだて!」
それを聞いていたお母さんが「○○くん、いつもどんなもの食べてるの?」と聞いてきた。
おれは「いつもバイト先でまかない食ってます。あと家だとおにぎりとかパンとか、ラーメンとかです」と答えた。
お母さん「・・・お母さんはいらっしゃらないの?」
おれ「あ、おれ両親いないんすよ。昔事故で・・・。ハハッ。(笑)」
なるべく気を使わせないようにサラッと言ったつもりだった。
ところがお母さんはいきなりおれの手を両手で握ってきた。
おれがビックリしてると、涙目で「○○くん、困ったことがあったらうちに来るのよ」って言った。
なんだか分からないけど、おれも泣けてきた。家族なんて欲しいと思ってなかったけど、その友達が本当に羨ましかった。
この時のめしの味が今でも忘れられない。
それからもそいつの家にはバイトの休みの日にゴハンを食べさしてもらいに行った。
いつもタダメシじゃ悪いから、一度お金を持っていったら、逆に怒られた。
「子供が余計な気を使わなくてもいい」って。

でもうれしかった。


156:1/2:2011/04/19(火) 06:02:38.42 ID:qD9gUH9L0


もうすぐカプ板卒業するので記念に書いてみる。
※長文注意

三年付き合った彼氏を親に紹介したら交際に大反対された。
そんな時、私の大好きな母方のじいちゃんが倒れて入院してしまった。
彼氏はそれを知って毎週じいちゃんのお見舞いに行ってくれた。
頼んだわけでもないのに、じいちゃんが入院してからお見舞い以外のデートはしなかった。

入院しているじいちゃんが退屈しないようにと一緒に料理を作って持って行ったり、綺麗な風景の写真を集めたりしてくれた。
何で他人のじいちゃんにそんなに良くしてくれるの?と聞くと、
『お前にとって大事な人は俺にとっても大事な人だよ。それに俺のじいちゃんはもう亡くなってるから、本当のじいちゃんみたいに思ってるw』
って言ってくれた。惚れ直した。

しばらく通ううちに看護師さんたちとも仲良くなったんだけど、ある時次のようなことを言われた。
『〇〇さん(祖父)はいいお孫さんに恵まれて幸せですねぇ、その恋人さんも素敵な方で羨ましいです、って言ったら、〇〇さん、
××くん(彼氏)がうちの孫娘を貰ってくれたら自分は思い残すことはない、あんないい青年はなかなかいない。
本当にいつも有り難いと思っている。
できることなら二人の結婚式に出席するまでは生きていたい、って言ってたわよ~』と…。

それを聞いた彼氏、嬉しいなーとか言いながら頭かいてた。(結婚の話はちらほら出ていました)


157:2/2:2011/04/19(火) 06:03:20.48 ID:qD9gUH9L0


翌週、いつものようにお見舞いの前に花屋さんに寄った。なぜかお見舞いの花だけでなくバラの花を買う彼氏。
どうしたんだろ?と思っていたら、病院の中庭に連れて行かれた。
いきなり『〇〇さん、世界で一番愛してます。僕と結婚してください。必ず幸せにします。』って言われて指輪とバラの花束渡された。
私号泣。そのままじいちゃんの病室へw

私の薬指で光る指輪を見て何かを悟ったじいちゃん…彼氏にありがとうありがとう言いながら泣き出したw
彼氏は照れながら『おじいちゃん、〇〇さんをありがとうございます。必ず幸せにします。
俺もじいちゃんって呼んでいいですか?ウヒヒ』とか言ってる。同じ部屋の患者さんたちにも拍手されて嬉しかった。

その足で私の実家に行って結婚の挨拶をしてくれたんだけど、両親は渋い顔。結局その日は許して貰えなかった。
しかし数日後両親の態度ががらりと変わって結婚を認めてくれた。
聞くところによると、喜び勇んだじいちゃんが私両親に電話→両親は反対する→じいちゃん両親を呼び出して説教
、という流れだったらしい。

じいちゃんはうちの両親に、
『〇〇(私)だけでなくそのまわりの人間も肉親のように大事にできる××くんは素晴らしい男だ、頭を下げてでも嫁に貰ってほしいくらいの青年だ。
80年生きてきた自分が言うのだから間違いない!』
と一喝したそうです。
先日それを聞いた彼氏、男泣きしてました。

ちょっと寒いし、身内と親しい知り合いだけの小さな式だけど、今週末は結婚式です。じいちゃんはもちろん出席です。
今度はひ孫を抱くまでは死ねんなぁ、とか言ってます。
私も彼氏のように、私や彼氏の周りの人たちを大事にしながら一生彼氏と生きていきます。幸せです。

長文失礼しました。
改めて私の周りの全ての方への感謝と、今後へのけじめをつけるためにも投下させていただきました。
皆様の幸せを心からお祈りします。
お読みいただきありがとうございました。


167:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 06:13:56.11 ID:BFHuN3Ow0


52 :恋人は名無しさん:2008/01/28(月) 22:02:36 ID:KVoEdhMa0
いつか彼女ができたら、映画みたいな
女の子が思いっきり背伸びしちゃう身長差なキスシーン、
やってみたいって密かに憧れてた

まあ実際は背低かったから無理なんだけど
実はこれがけっこうコンプレックスだった

で、高2の今頃の話
当時付き合い始めたばかりの、
並ぶとピタッと背が揃う同じ身長の彼女と街歩いてて、
モデルみたいなカッコいい身長差カップルを見かけた

後から考えたらその時きっと何か顔に出ちゃってたんだろな、
彼女いきなり小声で
「私はあんまり背が高い人は苦手だなぁ」
とか言い出して、それから
「だってさぁ、きっと疲れるよ?背伸びとかね」

その時の俺には話の脈絡が全然解らなくて
えーっと、何の話?とか聞こうと思って横向いたら
急に彼女の顔が近づいてきて、そのまま軽くさっとキスされた

びっくりしてドキドキして、ちょっと硬直してたら、
彼女恥ずかしそうに笑いながら、「ほらね?」だって。
もう何か唐突に、この子にもっともっと惚れられたいって
思ってしまった


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:15:49.38 ID:LX0TsV0cO


俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。
でも遠足などで弁当がいる時は、母さんががんばって作ってくれていた。
でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を友達に見られるのが嫌で、とうとう
「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」 と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった・・・・。
時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。
しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
遠足の時に作ってくれたものとは味も見た目もよくなっていた。
不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
と、思ったのもつかの間。
肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。
弁当を作り始めてから3ヶ月しかたたぬうちに・・・。
母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺のために、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。
そして後日、その定食屋に行ってみた。
定食屋のおばちゃんと俺は直接のかかわりはないけど、やさしそうな人だった。
そして母がよく弁当に入れていたメニュー、 ハンバーグ。それの定食を頼んだ。
そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。
たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。
腕がまともに動かせないのに、がんばって作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とてもおいしかった
あのハンバーグの味。


175:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 06:21:53.28 ID:BFHuN3Ow0


   大学が決まり一人暮らしの前日の日
   親父が時計をくれた。
   金ピカの趣味の悪そうな時計だった。
   「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」
   そういってた。
   二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。
   ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。
   紛れもない偽者であることが判明した。
   すぐに親父電話した。

   俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」
   親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ
      最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」
   親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」
   俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」
   親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。金がない理由は親にいえない事が多いわな!」
   親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」

   正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。
   今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。
   そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。往年の面影も消え、ガリガリになった親父が
   また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。
   親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」

   オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。
   俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」
   二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・・


   親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。


177:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 06:25:06.64 ID:BFHuN3Ow0


   小学生のとき、少し知恵遅れのA君がいた。
   足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅い。でも、絵が上手な子だった。
   彼は、よく空の絵を描いた。抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。
   担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
   冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
   N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。私はN先生が大嫌いだった。
   クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
   全校集会で先生のお別れ会をやることになった。生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
   先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
   お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。
   私は、A君の言葉を忘れない。
   「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」
   A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
   放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
   その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。N先生がぶるぶる震えながら、
   嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。
   昨日、デパートのポストカードなどに美しい水彩画と、A君のサインを発見いたしました。
   N先生は今、僻地で小学校で校長先生をしております。
   蛇足かもしれませんが補足。
   先生は教員が少なく、子供達が家から2時間ほどかけて登校しなければならないような過疎地へ
   自ら望んで赴任されました。
   N先生のお家には、毎年夏にA君から絵が届くそうです。A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。
   お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。
   「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。みんなはもしかしたら、見たこと無いかもしれない。ユトリロっていう、
   フランスの人でね、街や風景をたくさん描いた人なんだけど。空が、綺麗なんだよ。
   A君は、その才能の代わりに、他の持ち物がみんなと比べて少ない。
   だけど、決して取り戻せない物ではないのです。そして、A君はそれを一生懸命自分のものにしようしています。
   これは、簡単なことじゃありません!」
   A君は、空を描いた絵を送るそうです。その空はN先生が作り方を教えた、
   美しいエメラルドグリーンだそうです。


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:26:19.45 ID:w1WEqYldi


>>177
これたまらんわ


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:40:08.05 ID:LX0TsV0cO


私には、兄がいました。
3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。
ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)
勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。
バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。
苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。
たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
とても、強かったので、大苦戦してました。
ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。
「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」
私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、
なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。
そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。
葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。
お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。
でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。
だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。
私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。
ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。
そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。
兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。
それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。
その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。
お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。
今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:41:16.56 ID:LX0TsV0cO


俺ニートだからいつも昼過ぎまで寝てるんだけど、たまに朝早く目が覚めることがあってさ
ぼーっとしてたら母さんが部屋に入ってきて「おはよう」って言ってたのね
「おはよう」って返事したら、俺が起きてる事に気付いてなかったみたいで母さん驚いてた
そんな事が何回かあって、母さんは俺が寝てるのを知ってて、毎朝返事のない「おはよう」を言ってくれてる事に気付いた
たいした事じゃないんだけど、なんか凄い嬉しかった
真面目に生きようと思った


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 06:50:05.10 ID:2cig3XHE0


>>195
これはガチでやめろ


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 07:18:00.47 ID:qD9gUH9L0


167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  [] 2009/12/25(金) 09:20:15.41 ID:/SOqYFy60
イヴの夜に両親不在の実家に妹の彼氏が来て
空気読んで「俺予定あるから」って言って外に出て
当然予定もないし、友達いないし
漫喫で泊まろうと思ったら財布無くて
財布とりに家帰ったら
鍵かけられてて、家の電気消えてて、妹と彼氏が確実にギシアンしてて
大して厚着もしてないのにこの寒空の下、とにかく朝になるまで時間つぶしたくて
でもリア充、DQN共の巣窟の駅前には行く勇気も金も行動力もなくて
誰にも見つからないように近所の小山を歩き回って、職質受けた挙句
結局、事後であろう午前3時頃に家に帰ってきて
妹と彼氏がギシアンして満足したであろう我が家の庭のエアコンの室外機に寄り添って
人が作り出した文明の利器の暖かさに触れて
昨日初めて優しくされた気がしながら夜を明かした、イヴの夜


199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  [] 2009/12/25(金) 09:47:08.75 ID:/SOqYFy60
晩飯は妹と外食するつもりだった
それに両親不在だったので昨日は少量のお菓子以外にまともな飯も食ってない
腹すいたときは昼に食ったハバネロの粉が爪の間に残ってる気がして
一人で指チュパしながら山の中徘徊してた

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします  [sage] 2009/12/25(金) 09:48:47.98 ID:S0YCb6CS0
>>199
もういい・・・・・・っ!
休め・・・・・・っ!


246:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 07:33:20.55 ID:BFHuN3Ow0


762 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/04/25(水) 14:54:50 ID:gSHiryVO0

当時とある大学の体育系サークルに所属し、その日自分は道場で自主トレに励んでいた。
実はこの道場の隣はサッカー場で、その日は小学生のサッカー大会に使用されていた。
別にそれなら関係ないのだがサッカー場から一番近いトイレがうちの道場だったため
一般の人や小学生が道場の敷地内に出入りをしていた。
そんなある時、自主トレから一時休憩と自分は買い置きのポカリ1.5リットルを持って
道場の裏に行った(うちの部は道場内で飲食厳禁だが道場の裏だけはそれが許可されていた)。
日陰に入って座り込み、紙コップにポカリを注いで飲んでいると・・・
7,8歳の小さな男の子とおそらくその子の妹であろう3,4歳の女の子が自分を見ていた。
ちなみにその近くには自販機とかの類は一切無い。一番近い所でさえ結構な距離である。
その炎天下の中、一言も口には出さないが飲み物を欲しがってたのはすぐに分かった。
自分は新しい紙コップに注いで「ほら」と男の子の方に渡した。
するとその子も喉が乾いてたろうに受け取った紙コップに口をつけず、先に妹の方へ差し出した。
小さい両手で紙コップを持ってポカリを飲んでる妹・・・それを見守る兄がとってもいじらしかった。
当たり前と言えば当たり前なんだが、なぜかとっても嬉しかった覚えが有る。
「持ってけ」なんか嬉しかったのでまだほとんど残っていたペットボトルを兄の方に渡した。
小さな体でペットボトルを抱えて持って行く姿がとっても微笑ましかった。


247:ネカフェ難民 ◆Affi10NUEE :2011/04/19(火) 07:37:40.38 ID:BFHuN3Ow0


今日はここいらで退散するかな


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 07:40:17.20 ID:haldenn+0


>>247
ありがとう
そして乙


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 07:47:42.17 ID:2cig3XHE0


>>247

途中だだ泣きだったが後半はわりとさっぱりしたのが多くてよかった
涙も乾いたし仕事いってこよう




CLANNAD(クラナド)
CLANNAD(クラナド)
プロトタイプ 2008-05-29
売り上げランキング : 820


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






おすすめサイト様



このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

[ 2011/04/21 08:00 ] コピペ | TB(0) | CM(2)
13133
3/11の震災後は星の数程の泣ける話が…
[ 2011/04/22 21:02 ] [ 編集 ]
13134名無しさん
スレを見て涙を流したのは初めてだ
途中、画面が歪んで見づらかったよ
[ 2011/04/30 01:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。